服装の乱れは心の乱れ

身だしなみに気をつける為にはまず、その場に相応しい格好かどうかを考えるといい。例えば、結婚式などのお祝いの席にジーンズなどのラフな格好で参加する人はいないし、逆に、友達と遊ぶ時にスーツで決める人もいないはずだ。その場に相応しくない格好は悪い印象を与えるだけである。場合によっては、迷惑だったのかもしれないという誤解を招く事もある。逆に、その場に相応しい格好をしたなら、悪く思う人はいない。結婚式に参加する時、相応しい格好で参加すれば、相手は祝福してもらえてると喜んでくれるだろう。だからこそ、身だしなみに気をつける事は最低限のマナーと言える。相応しい格好をしたなら、次は細かいところをチェックするのを忘れてはいけない。シワだらけだったり、汚れやシミが目立つシャツは不潔な印象を与える。さらに、何も出来ない人なんだと思われる可能性もある。自分から見ても、清潔なシャツを着ている人の方が印象がいいのではないだろうか?それから、シャツの襟がちゃんとしているかの確認も忘れてはいけない。いくら清潔なシャツを着ていても、結局、だらしない人だと思われる。また、髪型にも気を配りたいところである。髪型にも、その場に相応しい髪型というものがある。特に、仕事の面接を受ける時や、仕事をしている時は、きちんとしておいた方がいい。髪型一つで、仕事が出来るかどうかを判断されてしまう事もある。寝起きのようなボサボサの頭では、何かを大切な仕事を任せてみようとは思えない。「服装や髪型の乱れは心の乱れ」という標語を掲げた学校が多いのは、今では納得できることだ。